母乳はどのぐらいの量を飲ませるの?

母乳だけで十分なのかが心配

赤ちゃんに母乳育児をしていても、この母乳の量で十分なのかしらと心配しているお母さんもいますので、目安についてご紹介していきましょう。

生後半月以内では少なくとも1回あたり40CC程度出ていれば問題ないレベルでしょう。1ヶ月~2ヶ月では80CC、3ヶ月~4ヶ月で120CC以上となります。

母乳育児をしていると、実際にどの程度赤ちゃんが飲んだのかがわかりにくいときもあります。これは赤ちゃん専用の体重計がありますので、授乳前と授乳後に体重の計測をするとおおよその量がわかりますので確認して下さい。

産後のナーバスな時期には、必ず目安の量を飲んでいなくてはいけないと思いがちですが、母乳にも個人差はありますので、あまり神経質にならない方が良いでしょう。

赤ちゃんにも個人差があり、自分で消化出来る量以上には飲まないこともあります。また吸う力が強くない子は少量を回数多く飲むこともあるので、様子を見ながらミルクを足しても構わないでしょう。

ミルクを足すのなら、どの目安?

母乳育児をしていて母乳が足りないかな?あまり出ないけれど赤ちゃんはお腹をすかせている様子だなと思った時にはミルクを利用しても構いません。

とにかく母乳じゃないとダメ、とお母さんが悩んでしまうと余計に母乳は出にくい状態になってしまうので、リラックスしながら続けて行くようにしましょう。

機嫌が直らないとか、いつまでも乳首に吸い付いて離れないようなときにはミルクをあげてもいいですね。

合間に体重を量ってみて、このくらい飲んでくれていたら良いのに、と感じる量を作ってほ乳瓶であげますが、途中で飲まないようであれば、そこでストップするという方法で構わないでしょう。

作った分を全部飲まなくてもいいですし、赤ちゃんの様子を見て考えるようにして下さい。オシッコやウンチの量でも、母乳やミルクが足りていないかがわかります。

数日ウンチが出ていないというのであれば、もう少しミルクを増やしてあげてもいいですよ。目安として考えるだけで大丈夫ですよ。

⇒母乳育児がしたいけど母乳が出ない!とお困りのママはこちらへ

このページの先頭へ