母乳育児はダイエットに良いの?

授乳しているだけで通常以上のカロリーを消費できる

「母乳育児をしていると痩せる。」なんて、言うようなことを聞いたことのある方は多いでしょう。妊娠中は赤ちゃんを保護するために体重が増えても、産後は妊娠中に付いた脂肪が乳脂肪、さらには母乳となって赤ちゃんに供給されます。

実は、完全母乳のママは、授乳していると言うだけで1日に500kcal以上も余分なカロリーを消費します。もっと多い方だと、1日に800kcalもカロリーを消費できている方もいるようです。

母乳育児をしているママの1日の消費カロリーは、赤ちゃんが飲む母乳の量が多ければ多いほど増えます。さらに、授乳回数が多く授乳時間が長いと、それだけ赤ちゃんを抱っこしている時間も長くて体力を使いますよね。

もちろん、カロリーが多く消費されると言うことは、体脂肪もそれだけ燃えやすくなります。なので、母乳育児はダイエットに有利なものとして考えて良いでしょう。

母乳育児による空腹感がダイエットの妨げになることも!

母乳育児をしていると痩せると思って、油断していてはいけません。せっかく母乳育児で多くのカロリーを消費していても、食生活が乱れていてはダイエットできる訳がありません。

よくありがちなのが、赤ちゃんに母乳を与えるカロリー消費のせいで、空腹感が高まってしまうことです。空腹感のままに、ついつい必要以上に食べてしまう方も多いのではないでしょうか。

それから、妊娠中は食事内容が大きく制限されていたり、つわりや不快感であまり食欲の無かった人もいるでしょう。産後はこの反動で、ついつい食べ過ぎてしまうかも知れませんね。

それどころか、好きなものが自由に食べやすい分、栄養バランスが偏ることもあるでしょう。「産後は痩せたい!」と考えているなら、1日3回の食事の時間を決めて栄養バランスを整えることから始めましょう。間食や夜食を控えめにすることも大切です。

無理なダイエットは禁物!

「産後は妊娠中に増えた分の体重を落としたい!」と、一生懸命にダイエットに励む方もいるでしょう。でも、母乳育児中は栄養が十分に足りていないと、母乳も分泌量も質も落ちてしまいます。

赤ちゃんに十分な栄養を供給してあげるためにも、最低限1日3食はバランス良く栄養を摂取しましょう。また、産後に運動系のダイエットを試そうとしている方はいませんか。

これに関しても、母乳育児中の疲れの溜まりやすい時期、産後の疲れを回復する時期は、適度にしておいた方が良いです。赤ちゃんと軽くお散歩する程度の運動が、リフレッシュにもなって良いかも知れませんね。

⇒母乳育児がしたいけど母乳が出ない!とお困りのママはこちらへ

このページの先頭へ