母乳の出方を良くするには?

食事でコントロールをする

体を冷やすと母乳が出にくくなりますので、体を冷やすタイプの野菜ではなく根菜のようなものの方が適しています。緑黄色野菜は結構の促進に役立ちますので、元々、血液である母乳に対しても効果的でしょう。

スープや汁物にすると多く摂取出来ますし、体を温めやすいですね。助産院を利用する人が少なくなっているので、あまり知られていませんが、おみぎりやふかし芋も積極的に食べて良いようです。

疲れが溜まって甘いものが欲しくなるときもありますが、和菓子を中心に食べるように心がけて下さい。水分も多めに撮っておくことをオススメします。3リットルくらいを目安として飲むようにしましょう。

緑茶やコーヒーはカフェインが多く赤ちゃんに良くありませんので、妊娠期と同様にハーブティーやノンカフェインのほうじ茶などを飲んだ方が良いですね。

アルコールの摂取については厳禁だと思って下さい。この時期のお母さんの食事は、母乳の質にも直結しますので注意しなくてはいけません。

また、母乳があまり出ない方は、出やすくなるサプリなども併用していくと良いでしょう。

食べない方が良いものってある?

食べない方が良いものは、夏野菜のように体を冷やすものや、脂肪分の多い食事になりますね。

洋菓子も脂肪分が多く、乳腺が詰まりやすい状態を作りますので、赤ちゃんに発心などが出来るほか、お母さんのコンディションにも良くありません。

おにぎりは積極的に食べて良いものなのですが、母乳の出を良くすると言われていたおもちについては、現在では母乳育児に適さないものとされるようになりました。

また味の濃い食事をお母さんが取っていると、母乳にも変化が出てきてしまいます。しょっぱい母乳になってしまって、赤ちゃんが嫌がるようになってしまうのです。

それをお母さんが理解していないと母乳育児が続けられなくなりますので、ミルクしか飲まなくなりますよ。

体を冷やす白砂糖も適していませんので、黒糖や三温糖に置き換えていくと母乳の出を悪くすることがありませんね。ちょっとした工夫でトラブルを解決していけますよ。

⇒母乳育児がしたいけど母乳が出ない!とお困りのママはこちらへ

このページの先頭へ